犬の薬最強解体新書

犬が突然餌を食べなくなってしまった!その原因とは。

いつも餌をきちんと食べていたのに、急に食べなくなるのは不安です。

実は食べなくなってしまったのにはいくつか理由や原因があるのです。

ドックフード以外に間食を与えたり、人間の食べ物をあげていないかどうか。

犬はとても賢いので、一度人間の食べ物やおかしをあげてしまうと、その味を覚えてしまいます。
なので、ドックフードよりも美味しい食べ物が欲しくて、今まで食べていた餌を食べなくなってしまいます。
しかもここで、急に餌を食べなくなってしまうと心配になってしまうので、またドックフード以外の食べ物を与えてしまい、悪循環に陥ってしまう場合があります。
なので、間食や人間の食べ物はなるべくあげないようにしないといけません。

時間がきてもドックフード下げずにずっと出しっぱなしにしている。

ドックフードをきまった時間に下げなければ、いつでも餌を食べれるものだと思ってしまうと、餌を出されても食べなくなってしまいます。
なので、今しか食べることができないという事を教えるためにも、ある一定の時間が経ったら餌を下げることが大切です。

ドックフード自体になんらかの原因がある。

ドックフードの管理が悪いと、湿気を吸ってしまったり、カビが生えてしまったりと品質が落ちてしまうことがあります。
ドックフードは人間の食べ物と同じで、封を開けた時から酸化し劣化していくのです。
このように品質が落ちてしまうと、犬の嗅覚は優れているので変化を感じ取り食べない場合があります。
なので、しっかり品質管理をすることが大切です。

犬の体調不良が原因。

急に餌を食べなくなってしまう場合の原因の多くは、体調を崩している場合があります。
嘔吐や下痢をしていないか、ぐったりしていないかなど、いつもと違う変化を見つけることが大切です。

食べ物以外のものを誤って食べてしまっている。

散歩途中や、家でいる間に誤って食べ物以外のものも食べてしまっている場合があります。
その場合、消化をすることができなくて、お腹が張ってしまうことがあります。
お腹が張っている状態では餌を食べることはできないし、何より健康に影響が出てしまう恐れもあるので、早めに獣医さんに連れていかなくてはなりません。

このように、急に餌を食べなくなるのには原因があるので、しっかりと見極め正しい対処をしていくことが大切です。

犬の薬最強解体新書TOPへ

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 www.kingoffalafelsf.com All Rights Reserved.